多少なりとも割安に脱毛する技術を捜している女性は多いようで

多少なりとも割安に脱毛する技術を捜している女性は多いようで

息子が一歳なった年のころです。

息子が一歳なった年のころです。

眠ると良くイビキをするようになりました。

始めは「いっぱい遊んで疲れたのだろう…」と思っていました。

しかしイビキはどんどんと大きくなり、そのイビキが途切れ途切れになっていることに気付きました。

イビキが途切れるとき、息子は呼吸をしていなかったのです。

心配になり、すぐに大きな病院へ行きました。

検査入院をすることになったのですが結果を聞いて恐ろしくなりました。

一晩だけで何十回も呼吸が止まっていることが分かったのです。

病名は小児無呼吸症候群と診断され、鼻の奥にあるアデノイドという部分が通常よりも大きいことが分かり成長を見ながら手術を検討しなくてはいけないと言われました。

無呼吸症候群は大人だけがなるとばかり思っていたので診断されたときはビックリしました。

同時に無呼吸症候群だと分かってからは息子がイビキをするたびまた呼吸が止まるのではないかと怖くなってしまって何度も何度も確認してしまうようになりました。よく読まれてるサイト⇒つと歯ぎしり 治す 治療させ

カテゴリー:未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です